高血圧になってしまっても大丈夫|解決策は必ずある

中年男性

病気に打ち勝つ食事

夫婦

高血圧は体に悪影響を及ぼすことがあるので、塩分や糖分を取りすぎないようにするといいでしょう。また、管理栄養士に指導を受けることで、健康を維持して生活を送ることが可能です。

Read More

高い血圧には食事の工夫を

家族

現代病と呼ばれることもある高血圧は、自覚症状こそほとんどありませんが、命に関わる病気にもなることがあります。そのため、改善や予防のためには食事療法が重要視されており、減塩を基本としてさまざなメニューやレシピも登場し、需要も高まっています。

Read More

血圧を下げるための食事

和食

血行を悪くする脂質

血液は、コレステロールが多く含まれていると、粘性が高まることでうまく流れなくなります。また、血液中のコレステロールが血管に付着することで、血管内が狭められると、血液は一層流れにくくなります。この状態が続くことが、高血圧の原因となっているのです。コレステロールは食事で脂質を多く摂取することで、増えていきます。したがって高血圧の予防のためには、食事による脂質の摂取量を減らすことが必要と言えます。また、高血圧の状態になってしまったとしても、脂質の摂取を控えていると、血中のコレステロールは徐々に減っていきます。つまり食事における工夫で、高血圧の改善が可能となるということです。そのため高血圧に悩む人の多くが、低脂肪食による食事療法をおこなっています。

市販されているものを利用

また、高血圧の予防や改善には、塩分の摂取を控えることも効果的とされています。なぜなら体には、塩分の濃度を保とうとする性質があるからです。つまり塩分を過剰に摂取すると、その濃度を下げるために、体は水分を多く求めるようになりますし、水分を多くは排出しなくなるのです。その結果体内の水分が増え、血圧を流すために多くの力が必要となり、血圧が上昇することになるのです。脂質は肉類に、塩分は醤油や味噌などの調味料に多く含まれています。そのためこれらを食事に利用することを控えていると、血圧は下がっていきます。また昨今では、低脂肪食や減塩食が市販されるようになっています。これらを利用することで、自炊が苦手という人でも、効率良く高血圧の予防や改善を進めていくことができます。

食事で予防を

料理

年齢とともに高血圧に悩む人は多いです。高血圧を予防するには、病食療法を行うのが良いです。塩分を控えたり、バランスの取れた食事を行うようにしましょう。特別難しい料理を作る必要はありませんので、誰でも実践することが出来ます。

Read More